市販コラーゲン商品を比較

コラーゲンドリンク

コラーゲンドリンクを飲む女性

エイジングケアにコラーゲンドリンクを選ぶ人が増えている。ドリンクタイプの特徴は、飲んだ効果を実感しやすい事に尽きる。有名なメーカーは、富士フィルムのアスタリフトブランド・資生堂・UHA味覚糖など。次のコーナーでは色々なドリンクを飲み比べて、人気No1を決定しています。

コラーゲン化粧品

ツヤ肌の女性

肌の保湿力が衰え、ハリツヤ不足を感じたらコラーゲン入り化粧品を試してみましょう。でも、高価な化粧品は不要!肌質によって期待できる効果はそれぞれなので、ネット通販のトライアルセットを試してみるのが一番。特に目の周りをコラーゲン美容液でしっかりケアする事で印象が変わります。

コラーゲン豆知識

役割と原料による分類

①1型コラーゲン

皮膚や骨、内臓、筋肉、腱など、人間の体はほとんど1型コラーゲンで構成されている。
骨が脆くなるのを防いだり、筋肉や腱を丈夫に維持するために欠かせない成分。
一般的にコラーゲンといったら、この1型コラーゲンを指している。

②2型コラーゲン

軟骨特有のコラーゲン。
2型コラーゲンの配列が悪くなると、関節に水が溜まったり関節痛の症状が出てくる。
通常は加齢によって生じる症状だが、若い世代でも関節の使い過ぎにより、コラーゲンの新陳代謝が間に合わないという事もある。
陸上・野球・サーカー競技等、比較的激しいスポーツをやっている人は要注意。

③3型コラーゲン

お肌の柔軟性や潤いを保っているのが3型コラーゲン。
これが減少するということは、「肌の水分保持力が弱くなり、肌が固くなっていく」ということ。
そうなると必然的にハリがなくなりシワが出現する。

厳密にはもっとたくさんの分別があるけど、一般的にはこの3種類を知っていれば大丈夫。
あと、コラーゲン商品を購入する時に知っておいた方が良いのは、コラーゲンの原材料による違い。
動物性由来魚由来の2タイプがあって、それぞれ長所短所がある。

1日の摂取量と体内への吸収について

コラーゲン摂取分量

コラーゲンは日々代謝しながら、古いものから新しいものへと変わっていく。
20歳を超えた人間の体内から失われるコラーゲン量は、1日につき約2g。
コラーゲン量がピークの20歳を基準にすると、40歳になる頃には半分にまで減少する。

そのため20歳を過ぎたら、毎日2gのコラーゲンを摂取するのが理想。
美容効果を求めるのであれば、1日5~10gは摂りたいところですね。
さらに詳しく知りたい人は、体内にコラーゲンが吸収される仕組みをご覧ください。

本当に効果あるの?

コラーゲン効果の有無に関しては様々な意見があります。
そこで、当サイトの見解を伝えておきます。

①食品などに含まれる天然状態のコラーゲンを、そのまま体内に浸透させるのは難しい

その理由は、コラーゲン分子はアミノ酸がらせん状に巻きついて形成されている為、その分子間構造は非常に強固だから。
この状態では、水を加えても溶けない。
つまり、食品の中にわずかに含まれる天然コラーゲンは、体内に吸収されない。

しかし、

②加水分解処理を施した低分子コラーゲンは、体内に吸収させることが可能

少し専門的な説明になります。
加水分解コラーゲンとは、コラーゲン分子に酵素・酸・アルカリ成分を配合することで、コラーゲン分子を分解した状態。
これを低分子コラーゲンと呼ぶ。
水に溶けやすく体内への浸透性を良くする事が目的で行われるのです。

サプリメント製造会社や化粧品製造会社が、「低分子化されたコラーゲン」「ナノ化コラーゲン」というのをキャッチコピーにしているのは、このような理由からだと推測できます。

コラーゲン調査隊のポリシー

美容・加齢防止・関節痛緩和効果を期待できるので、コラーゲンには興味が尽きません。
正しい知識で皮膚を活性化させ、美肌を保つ努力をしましょう!
TVや雑誌で取り上げられている商品の効果を確認する為、『コラーゲン調査隊』では編集部員による口コミ調査を重視しています。

【ポリシー1】消費者目線である事!!
【ポリシー2】表示内容を掘り下げて検証する事!!
【ポリシー3】分かり易く伝える事!!

このページの先頭へ