コンドロイチン効能・効果

コンドロイチンは、グルコミサンやコラーゲンと並び、関節痛に対して非常に効果的。
ここでは、コンドロイチンとコラーゲンの違いを説明して、コンドロイチンの知識を深めていただければと思います。

コンドロイチン硫酸とは

コンドロイチン コラーゲン

コンドロイチンの中でも今特に注目を集めているのは、軟骨のコンドロイチン硫酸です。
軟骨のコンドロイチン硫酸の多くは、ヒアルロン酸、リンクタンパク質とともに超高分子複合体を形成しています。

このコンドロイチン硫酸を中心とした複合体は、軟骨特有なII型コラーゲンとともに軟骨の細胞を形成し、軟骨の機能である骨と骨の接続部分のクッション作用に重要な役割をしているのです。

コンドロイチンの役割

コンドロイチン コラーゲン

コンドロイチンが健康食品業界から注目されているのは、関節痛で悩む人が増えているから。
コンドロイチンは、自然食では人間の体内に吸収されないので、サプリメントによって補う必要があります。

コンドロイチンを定期的に摂取する事で、関節痛の炎症を抑え、軟骨材料の生成を促進し、水分を保持する働きが増します。
それによって、関節部分の軟骨の柔軟性や対衝撃性、表面の滑らかさを守る事が出来るのです。

コンドロイチンの可能性

現在は、コンドロイチン=関節痛の薬というイメージを持っている人が多いのですが、実は色々なところで、コンドロイチンが使われ始めているのです。

例えば、コンタクトレンズによるドライアイ対策として、保水性が高いコンドロイチン硫酸は、同じムコ多糖類のヒアルロン酸と共に点眼薬として、用途が拡大しているのです。
また、神経再生など神経機能への関与が話題を集めていて、中枢神経系での新たな展開の可能性もあります。

このページの先頭へ