動物性コラーゲン効果

コラーゲンは、原材料によって2分類できます。
動物性コラーゲンと、海洋性(マリン)コラーゲン。
このページでは動物性コラーゲンについて説明しましょう。

動物性コラーゲンとは

コラーゲン

動物性コラーゲンとは、牛や豚、鳥などから抽出されたゼラチンです。
熱に強く、加工しやすいため、昔から最も多く用いられてきました。

中でも牛から抽出したものが一番多かったのですが、狂牛病事件によって牛成分を使用することを厳しく制限されるようになったので、現在は動物性コラーゲンといえば、豚や鳥から抽出されたコラーゲンがメインです。

最近では、ほとんどないとは思いますが、牛から抽出したコラーゲンが使用されている商品を購入する際は、狂牛病対策がきちんとなされているかどうか、必ず確かめるようにしましょう。

動物性コラーゲンの吸収性は?

牛や豚などの体温は37~38度です。
そして人間の体温は平均36度前後なので、動物性コラーゲンは人間の体内では消化が遅く、吸収にも少し時間がかかります。
目安としては、4~5時間と長い時間をかけて吸収すると言われております。

動物性コラーゲンのまとめ

コラーゲン

■BSEや鳥インフルエンザなどの感染症に対する対処をチェック。

■陸上動物は体温が高いため、人間の体内では消化吸収が遅くなる。

■濃度をあげていくと多少臭う。

■脂質やカルシウムなどが混ざるため、純度が下がる。

このページの先頭へ