関節痛対策

関節痛対策に効果的な2型コラーゲンで、痛みを解消しましょう!!

股の関節痛はとても多い

関節痛コラーゲン

骨と骨が接する関節は、軟骨で覆われており、その軟骨の50%はコラーゲンです。
その症状が現れやすいのが、股・指・膝・肩の部分です。
特に、股の関節痛に悩まされている人は非常に多いと聞きます。

コラーゲンが衰えると、軟骨の弾力性が失われ、つぶれてしまい、
つぶれた軟骨のコラーゲンは、ブヨブヨした水のようになってしまいます。
この状態が、関節に水がたまっているといわれる状況です。

関節痛が発生する原因

関節痛が発生する原因は3つ。

■老化

■スポーツによる過剰負担

■肥満による過剰負担

上記3つが主な原因なのですが、いずれにしろ関節のなめらかさを失うということは、軟骨が減少し、骨と骨が直接ぶつかり合っている状態なのです。
これが、関節痛のメカニズムなのです。

コラーゲンで対策

股の関節痛を引き起こす原因で非常に多い原因が子供の運動会。
一見、関節痛とまったく関係ないような気がしますが、運動会などでは、ついつい張り切りすぎて、普段は激しく動かさない軟骨がぶつかりあい炎症を引き起こします。

コラーゲンはこの軟骨の表面を再生する力を高めて、関節の痛みを和らげる力があります。
その為、コラーゲンを積極的に摂取することで、軟骨のコラーゲンが新陳代謝を活発にさせ、関節を強くします。
そして、関節痛の緩和効果には2型コラーゲンが有効です。

このページの先頭へ