しみ対策はコラーゲン

加齢と共に徐々に増えてくるしみ。そして肌のくすみ。
肌がくすみ、透明感が失われる前に対策を打ちましょう

ターンオーバーとは

健康な肌は約28日周期でターンオーバーが繰り返されているのです。
ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のこと。
表皮の基底層で新しい細胞が作られ、それが皮膚表面に向かって少しずつ変化しながら押し上げられ、最後にはフケや垢となってはがれ落ちる事をいいます。

メラニンの役割

シミ コラーゲン

ところが、皮膚が老化すると新陳代謝が衰え、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまうのです。
正常なターンオーバーは右の図のようになっています。

ターンオーバーが正常に行われなくなると、今までフケや垢となって剥がれ落ちていた細胞の中に含まれていた、メラニンが体外に放出されなくなってしまいます。

メラニンは、強い紫外線にあたった時に皮膚の炎症を防御したり、正常な細胞を紫外線から防御する働きがあるのです。

さらに、メラニンは皮膚の色を決定します。
夏に小麦色の肌になっても、冬には白く戻るのは、メラニンが皮膚の新陳代謝とともに体外へ放出されているからなのです。

しみのメカニズム

コラーゲン

ターンオーバーが遅れ、メラニンが真皮に沈着する。。。
これを色素沈着と呼び、これがいわゆるシミである。

また、角質層や表皮の上部にメラニン色素がたまった状態になると、「くすみ」となり肌の透明感が失われます。
その為、肌細胞の新陳代謝を活性化させるコラーゲンは、ターンオーバー促進に有効なのです。

このページの先頭へ