シワ取りはコラーゲン

30代を越えると「シワ」や「たるみ」が気になり出してきますよね。
肌の美しさは七難隠すといいますが、「しわ」「たるみ」が目立つと、老けて見られがちです。

コラーゲンと皮膚

シワ コラーゲン

皮膚の細胞は、細胞をとりまく環境(コラーゲン)によって支えられ、応援を受けてこそ、 その働きを全うできます。

細胞をとりまく環境(コラーゲン)こそが、細胞そのも のの新陳代謝を活発にし、老化を防ぐ鍵を握っているのです。

コラーゲンで新陳代謝を高めれば、細胞の新陳代謝が活発になり、全身の新陳代謝が促進されて、いつまでも若々しい、健康なお肌を得られるのです。

皮膚の構造

シワ コラーゲン

皮膚は一番外側から、表皮、真皮、皮下組織(皮下脂肪)から成り立っています。

ふだん、私たちが目にするのは表皮の部分ですが、これは表面だけの薄いもので、皮ふの本体は、意外にも真皮の部分なのです。

その真皮は、20歳を境にして歳とともに薄くなり、老年期には20歳時よりも入80%も薄くなります。

これら真皮の主役はコラーゲンで、全体の約70%をコラーゲンが占めています。

しわの出来るメカニズム

そしてこのコラーゲンの新陳代謝が衰えると、古いコラーゲン同士が結びつく不自然な架橋が増えてきます。
古いコラーゲン同士で作られる架橋が増えてしまうと、水分を保つ場所が狭められ、
その結果、保湿効果が衰え、カサカサの皮膚へと変貌してしまうのです。

この現象が、乾燥肌であり、
この状態が常態化すると、「しわ」になるのです。

このページの先頭へ