薄毛対策にコラーゲン効果

朝起きて、枕に抜け落ちた髪の毛を発見してドキッとしてませんか?
洗髪するたびに毛がゴソッと抜けた経験もあるのでは?
「齢をとったな~」とあきらめないで、コラーゲン。

毛髪の仕組み

薄毛とコラーゲン

毛髪は、皮膚の最も表面にある表皮の次の内側の層である真皮に根をおろしていますが、この真皮の70%はコラーゲンでできているのです。

毛根の成長に必要な栄養は毛細血管の壁からコラーゲン層を通って、毛乳頭(毛根の根っ子)から吸収されます。

毛根への栄養不足

真皮コラーゲンの新陳代謝が低下すると、十分な栄養が毛髪へ届かなくなります。
そのような状態になると、毛髪がどんどん細くなり、薄毛となるのです。
また、白髪や抜け毛も、毛根への栄養不足が主な原因です。

このような毛髪の状態は、毛母細胞の新陳代謝が衰えて、髪を支える組織全体の働きが弱くなり、髪の成長そのものが妨げられているのです。

ですから、薄毛が気になりだしたらコラーゲンの補給を心がけてみましょう。

育毛剤だけに頼らない事!!

コラーゲン

育毛剤をつけているけど、全然効き目がないという人も結構います。

また、頭皮が弱っていたり、刺激の強い育毛剤を使うと、かえって脱毛が促進されてしまうケースもあります。
人の体質によって、育毛剤が効果を発揮する人としない人がいるので、注意が必要です。

では、育毛剤が効かない人はどうすればいいか?
そのような人は、頭皮を健康状態に回復する事を第一優先してください。
それには、食事療法が基本。
足りない部分は、サプリメントで補給していくのがいいでしょう。

体質改善しただけで、育毛効果がアップした人がたくさんいます。

このページの先頭へ